街中なのにゆったりできるカフェ【ALFFEE Coffee 台南艾珈琲】

台南カフェ・バー記録

こんにちは、apu(@apuintaiwan)です。

今回ご紹介するのは、中西區の街中に位置しながら、ゆったりと過ごすことができるカフェ、ALFFEE Coffee 台南艾珈琲です。

場所は台南駅や新光三越台南中山店からも歩いて行けるほどの距離。

お店の雰囲気はこんな感じ

看板
店の外にもテーブル席がありました

まず入ってみて感じたのは、お店のスタッフさんがみんなフレンドリーだなあということ。「内用?外帶?(店内利用かテイクアウトか)」「メニュー持って2階に上がってゆっくり決めてね」といった感じにフランクですが、初めて来てもとても入りやすかったです。

店内はなぜか柴犬押し
2階にもキッチンスペースがあるみたい
機械のメタリック感がおしゃれ
ゴツいコーヒーメーカーにゴジラ
会議もできそうなテーブル(笑)
ソファはここだけ
こちらではたまにエスプレッソなどの練習をするそう
段ボールとか備品は隠す気ない

店内は全体的にIKEA色が強かったです。ひとつひとつのテーブルが大きいので4、5人とかで来ても余裕。むしろ、1人で大きなテーブル席を使うのは、もし満席だったりしたら少し肩身が狭くなりそうなほど。

平日の昼間に行ったらお客さんはほとんどいなかったので、コーヒーを飲みながら少し作業したいというときにぴったりかもしれません。

店内の音楽はちょうどいいくらいのボリューム。うるさすぎないので読書していても気になりません。

ALFFEEっていうからてっきり・・・

今回注文したのは、冷たいウイスキーコーヒー(威士忌美式)とカヌレ(可麗露)の2つ。ウイスキーコーヒーは「ALFFEE Tipsy(ほろ酔い)」と書かれているメニューの中から選びました。

どうしてもこれが飲みたかったとかいうわけではないんですが、ALFFEEって店名から勝手にALCOHOL+COFFEEでALFFEEなんだろう、ってことはこれが一番看板メニューなのかなと思って頼んでみたのです。

ウイスキーコーヒー。上がアワアワしてたけど正体不明

飲んだ感想は、、、まずくはないけど普通にカフェラテとかが飲みたかった!中国語のメニュー名に「美式(アメリカン)」と書いてあるだけあって、コーヒー自体も薄めでした。それにウイスキーの風味が加わっているという感じ。

アイリッシュコーヒーほどお酒感は無いのですが、個人的には次回は別なものにトライしてみたいなと思いました。口コミを見てみると、こちらはラテアートなども人気らしいので、完全に注文するものを自分がミスしました、、、。

ウイスキーコーヒーは130元、ラテなんかもだいたい130元~150元くらいの価格帯でした。

カヌレは外カリカリ中しっとり

もう一つ注文したカヌレは、事前に口コミでおいしいと評判だったので頼んでみました。

味が原味(オリジナル)50元と、もう一つの味(忘れた)が65元くらい。私はオリジナルを注文しました。

上から見ると和菓子みたい

カヌレ、実は人生初だったので他のものと比べることはできませんが、外がカリカリしていて、中はしっとり、おいしかったです。甘みも結構あったので、エスプレッソやブラックコーヒーと合わせて食べたらおいしいと思いました(ウイスキーコーヒーとも合いましたが)。

ちなみにフォークなどはついてこないので手でそのまま食べました。少しべたべたしますが、お手洗いも近くにあるので問題ありません。

総評

ということで、毎回勝手につけてる総評は

「知る人ぞ知る台南カフェ」という感じはしませんが、街中からのアクセスも良く、何より店員さんの接客がすごく良かったのでまた通いたいなと思えるカフェでした。

お店情報

お店情報

住所 台南市中西區西華南街15號1樓

営業時間 月~金 10:00~18:00
     土日  10:00~19:00

電話 +88662221387

お店のFacebookページはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました